前へ
次へ

若者の間でも医療の食事療法が必要になる

運動療法ならびに薬物療法だけでなく、食事療法も医療の場では提案されています。
白米中心の食事からエネルギー源の糖質も摂取できますが、最近になって見直されているのが玄米食で、医療機関での入院患者への食事にも摂り入れられています。
ビタミンB1が含まれていて、効率よくエネルギーを摂取できます。
白米ならば糖質だけを摂取することになり、ビタミンB1不足から心不全を起こすケースも一昔前にはあったようです。
現代においても、インスタント食品などのジャンキーで偏った食事、砂糖が大量に入った炭酸飲料水を飲む若者の間で「脚気」の症状を訴えるケースが増えているという、医療機関からの黄色信号が発表されています。
糖質が原因であることは間違いないようで、糖質は倦怠感や疲労感を感じやすくなる、一種の依存性が指摘されています。
若者、特に男性ならばにんにく注射がオススメ、女性ならばビタミンB1を含むサプリメントがオススメです。
医療機関において1回あたり1000~1500円程度でにんにく注射を打ってくれます。

Page Top